知って得するお役立ち情報

コレいいです

自動車

洗車の2大必携グッズ、対決の結果は意外?でした(スポンジ vs ウエス、カーシャンプー vs 中性洗剤)

投稿日:

車の普段の手入れの基本といえば洗車ですが、あなたはどんなグッズを使っていますか?
カーショップに行ったりすると、あまりの種類の多さにどれを選んだらいいのかわからなくなってしまうこともありますよね。
でも、やっぱり、洗車になくてはならないのは、ウエスや洗剤だと思います。
普段から当たり前のように使っているかもしれませんが、これらの道具を使うコツや、知っておくと役立つ意外なミニ知識をご紹介したいと思います。

スポンジ vs ウエス

スポンジとウエス(マイクロファイバークロス)では、後者に軍配が上がります。

スポンジは、泡がよく立つのできれいに落ちるイメージがあります。
でも、弾力があって力の入れ具合が難しく、ついつい強く押し当ててボディを傷めたりしがちです。
そのくせ、あまりボディなどにもに密着しないので、汚れを落とすのに時間がかかることが多いです。

一方のマイクロファイバークロスは、広いところから細かいところまで洗いやすいです。
汚れもよく落ちますし、力もコントロールしやすいです。
洗車後の拭き上げで水分を取ったり、から拭きのときにも活躍する万能の道具です。

カーシャンプー vs 中性洗剤

カーシャンプーと中性洗剤は、用途にもよりますが、意外にも中性洗剤で十分なことが多いです。

カーシャンプーは、汚れがよく落ちます。
ただ、汚れ落としの効果を高めるために弱アルカリ性のものも多いので、肌が弱い人はゴム手袋をすることをおすすめします。
濃度が高ければ汚れがよく落ちるというわけでもないので、使い方をよく読んで適量を水で薄めましょう。
そして大切なのが、きれいに洗い流すことです。
洗剤が残っていると、水垢がこびりつきやすくなったりしますので注意が必要です。

カーシャンプーほどの威力はないものの、中性洗剤は意外と使えます。
台所用の洗剤で十分です。
カーシャンプーなどと比べても、経済的にも資源的にもエコ
特にコーティングをしている車は、アルカリ性の洗剤が向かないのでカーシャンプーを使わないほうがいいといわれます。
プロの方も中性洗剤を使う人が多いと聞きます。

約5リットルの水に溶かした中性洗剤で、1台の自動車を十分洗うことができます。
このとき中性洗剤は100ミリリットル程度でいいといわれています。
マイクロファイバークロスと併用すると、作業時間も短くてすむのでおすすめです。

まとめ

洗車にはマイクロファイバークロスは必須です。
そして、汚れのひどさに応じて、カーシャンプーと中性洗剤を使い分けるとよいでしょう。
お出かけの前には、ピカピカで気持ちのよい車にしてあげてくださいね。

-自動車

Copyright© コレいいです , 2019 All Rights Reserved.