知って得するお役立ち情報

コレいいです

猫ペット

猫砂の素材別おすすめポイントと消臭対策

投稿日:

猫砂にはいろいろな種類があって選ぶのに迷いますよね。
鉱物系、木材系、シリカゲルなど、素材もいろいろです。

どれがいちばんいいのか、それは、ネコちゃんの性格や習性によって合う合わないがあります。
素材別の特徴と注意点をまとめてみましたので、ネコちゃんの様子を見ながら、少しずつ試してみることをオススメします。

ちなみに、うちの子は鉱物系がベストでした。

鉱物系

鉱物系の猫砂は「ベントナイト」という粘土質の原料を使うものが多いです。
水分を吸うとよく固まりますので、消臭効果も高いです。
値段も比較的安めです。

トイレには流せませんが、可燃ゴミで出すことができる地域が多いです。
「砂かき」が激しい子は飛び散りますので向かないかもしれません。
また、猫砂を食べる子はお腹を壊すのでおすすめできません。

「エバークリーン」「ニオイをとる砂」などが有名です。

紙系

おしっこの色を確認しやすいです。
水分はそこそこ吸収します。
一方で、飛び散りやすいとか、食べる子があるとかのデメリットもあります。

木質系

固まりにくいものが多いですが、消臭効果は高いです。

 

シリカゲル

吸水効果が抜群です。他の猫砂と混ぜて使うのもいいでしょう。
猫砂を食べる子にはシリカゲルが大丈夫かと心配になるかもしれません。
でも、シリカゲルそのものの毒性は低くて、少し食べたくらいでは問題にはなりません。

ただ、水分を吸着しますので、口、食道、胃などの粘膜にくっつくと、炎症を起こしてしまうことがあります。もしシリカゲルを口にしてしまったときは、多めに水を飲ませてあげてください。

おから

おからはもともと食べ物なので、猫砂を食べてしまう子にオススメです。
ホコリがたたず、トイレに流したり可燃ゴミで出したりできます。

その他植物繊維系

穀物や果実の繊維、竹炭などを素材としたものもあります。
トイレだと認識しない子もいたりするので向くかどうかは個体差があります。

 

猫砂以外で消臭効果を得る方法

言うまでもないことですが、猫砂は小まめに取り替えることが重要です。
特に梅雨のシーズンとか、ウンチをしたとき。
総取り替えも様子を見ながら行うとよいでしょう。

おしっこの手入れの頻度を減らして、週1ぐらいのペースにしたいなら、「システムトイレ」を使うという選択肢もありますね。
専用のマットや猫砂を用意する必要のあるものもあって、少しコストがかかってしまうかもしれませんが、手間が少なくなるのは大きいです。

猫砂やシステムトイレだけで消臭するのにはやっぱり限界もあります。
トイレの手入れのほかにも、トイレの近くに空気清浄機を置くのはかなり効きます。
ぜひいちどお試しくださいね。

-猫ペット

Copyright© コレいいです , 2019 All Rights Reserved.